Papilion

Conception, Direction, Prototyping, Fabrication

Date2017
Category
Tags,

Papilionは、ソフト・ロボティクスの技術を利用した環境適応型の実験建築である。気温で駆動するアクチュエータにより、ドーム表面が羽ばた くように変形する。駆動温度を調整することで、能動的なエネルギーの 供給を必要とせずに内部環境を自律的に調整する。羽のようなユニット はモジュール化されており、印刷技術によって個々のユニットを安く大量 生産して簡単に拡張・交換することができる。

Papilion is an environmentally responsive experimental architecture making use of soft robotics technology. The surface covering the dome can change its shape by the wing-like units using actuators driven by temperature conditions. This is a proposal for architectural surface which has a function of autonomously adjusting the internal environment without deliberate energy supply by adjusting the driving temperature. The wing-like units of the surface are modular, which can be mass-produced cheaply, expanded, and replaced with printing technology.

Exhibition